インドをもっと知ろう!

English

 Pune  > Tourist

Home

ラージャ・ディンカル・ケルカル博物館(Raja Dinkar Kelkar Museum)

ディンカル・ケルカル博士が特に愛した息子のラージャの死を悼み、古いインドの日用品収集を始めたのは1920年、ケルカル博士自らインド中を旅してひとつひとつ集められた、考古学的に非常に価値の高い魅力的なコレクションは2万点以上にのぼり、個人の収集としては驚くべき数だ。

木彫りの彫刻やさまざまなデザインのドア、ムガルやマラータ、ラジャースタンなどの細密画楽器銅製品布製品象牙武具陶器コインおもちゃ台所用品筆記具化粧道具など、収集品の分野はとても幅広い。
マラータ王バジラオ・ペシュワの愛人から名づけたマスタニ・マハルというフロアに展示されているビロードのカーペット、シャンデリア、宝石を戴いた王冠といった豪華なものから、庶民が日常で使っていたものまで。

1962年、ケルカル博士はコレクションをマハーラシュトラ州に引き渡し、ラージャ・ケルカル博物館が設立され、そのコレクションは現在州の考古学課によって管理、保護されている。
展示された自慢のコレクションは、遠く海外からの訪問者も惹きつけている。

開館時間(祝日休):
8:30−12:30
15:00−18:00

入館料:150ルピー


*もっと詳しい情報は、ラージャ・ケルカル博物館ウェブサイト(英語)をご覧下さい。
*時間やチケットについては、変更になる場合もあります。

 


Copyrights  © 2001-2004,ASKSiddhi.com, All rights reserved.